金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
県助成金で歴史的建造物の保護に力を入れる金門島
2014/02/18 11:54:36 小型字 中型字 大型字
(金門 15日 中央社)台湾側の離島で中国大陸福建省厦門(アモイ)にほど近く、147もの歴史的建造物を有する金門県では、同県政府文化局による助成金を受け、現在、私有の歴史建築9カ所の修繕が終了しており、他の2か所も今年8月までに完了する見通しとなっている。

県文化局では一般伝統建築の修復補助金を台湾元で最高200万元(約670万円)とし、歴史建築の修復については250万元、400万元、500万元の3等級に分けて助成を行っている。近年は年間修復予算として2500万元(約8400万円)が組まれており、修繕を希望する所有者や管理者は規定に従って助成金を申請することが可能で、県側では先祖代々伝わる古い家屋の保存に役立ててほしいとしている。

歴史的建造物は台湾全体で1000件余りあるが、このうち147件が金門県に集中しており、金門地域の文化が豊かで多様な建築様式を産み出しているといわれる。現在、修復は主として個別に行われ、各地に分散しているためその効果は今ひとつだというが、同県では地元住民による自発的な修繕や活用が進めば、美しい環境を追求する気運も高まるのではと期待している。

金門地域には特色あるビン南(福建南部)式建築のまとまった集落がある。この中には南洋(東南アジア)に進出し成功した祖先が帰郷して建てた洋楼(西洋式の建物)も含まれるが、年代も古く老朽化が進んでいる。「ビン南文化と集落」は県観光の目玉でもあり、金門国家公園管理処では住民と共に伝統的な建築の修繕に取り組みたいとしている。(ビン=門がまえに虫)

(陳守国/編集:谷口一康)
相關訊息
金門で砂の彫刻展 目玉作品は蒋介石・毛... 国共内戦の最前線 金門・大胆島等への観...
台湾・金門コーリャン酒のドキュメンタリ... フランス人中学生ら、台湾・金門島訪問 ...
台湾「植樹節」で金門島の軍民、かつての... 県助成金で歴史的建造物の保護に力を入れる金門島
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區