金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く
2015/03/30 10:29:06 小型字 中型字 大型字
(金門 12日 中央社)詩人、故・呉承明さんが生前に大切に育てていたマメナシが花開き、妻の盧翠芳さんによって11日、故郷の金門でマメナシの植樹などを行うイベントが開催された。

盧さんによると、台湾本島で暮らしていた呉さんは金門に帰省した際、美しいマメナシを見つけ、一般にはあまり知られていないこの花を金門中に咲かせたいとの願いの下、持ち帰った種を丁寧に育てていたという。しかし、その夢を叶える前に、呉さんは昨年桃園で起きた交通事故で亡くなった。享年61歳だった。

盧さんは夫の思いを引き継ぎ、栽培していた100本の苗木を金門に輸送。地域の人々にマメナシについて知ってほしいと今回の「マメナシ祭」を開いた。イベントには友人らも駆けつけ、花の前で生前の呉さんとの思い出を振り返っていた。

同イベントは12日の植樹節(植樹の日)を前に、金門県が地域の緑化を目的として実施した植樹活動の一環として開かれたもの。活動では地域住民や軍人らによりマメナシのほか、センダン、カイノキなど1200本余りの苗木が植えられた。

また、盧さんは交通事故の賠償金で得られた480万台湾元(約1840万円)を金門高校に寄付し、「呉承明語文奨学金」の創設も行った。

(黄慧敏/編集:名切千絵)
相關訊息
外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ... 台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿...
日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食... ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ...
離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”... 亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開...
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も 日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、...
金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く 65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け
パティ・ホウ、イケメン新人歌手の歌声に酔いしれる チェン・ボーリンとチャン・チュンニン、新しい高粱酒をPR
台湾・金門島の大通り、映画「軍中楽園」... 台湾・金門、県設置100周年で回顧展開催
北海道大学の教員らが金門島を訪問 歴史など学ぶ 世界遺産登録めざす金門島で文化遺産シンポジウム開催
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區