金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も
2015/04/30 09:47:44 小型字 中型字 大型字
(金門 3日 中央社)台湾の西方に浮かぶ離島、金門県烈嶼郷にある老舗菓子店「合成手工[米羔]餅店」では、毎年も春にだけ作られる焼き菓子「鹹餅」の生産が行われている。

同地では一見すると台中銘菓の「太陽餅」のような丸い形をしている菓子の「桶餅」が有名。甘さは控えめだが、後引く味が特徴で、同店5代目の林信光さんは産後間もない女性が滋養強壮のために食べる風習があると話す。

桶餅が一年中作られる一方で、鹹餅は湿った南風が吹き付ける毎年3~4月にしか作られない。もちもちとした食感が高湿度のこの時期にしかできないからだ。生地は6~7時間発酵させて作り、餡(あん)からはえんどう豆の香ばしいにおいが漂う。

さくさく食べられる鹹餅。だが、墓参りの日とされる5日の清明節を過ぎると品数が少なくなる。早めの購入を呼びかける林さんは「食べたくても買えなくなっちゃうよ」。

(黄慧敏/編集:齊藤啓介)
相關訊息
外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ... 台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿...
日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食... ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ...
離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”... 亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開...
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も 日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、...
金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く 65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け
パティ・ホウ、イケメン新人歌手の歌声に酔いしれる チェン・ボーリンとチャン・チュンニン、新しい高粱酒をPR
台湾・金門島の大通り、映画「軍中楽園」... 台湾・金門、県設置100周年で回顧展開催
北海道大学の教員らが金門島を訪問 歴史など学ぶ 世界遺産登録めざす金門島で文化遺産シンポジウム開催
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區