金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
ご利益がある? 青年実業家が作るシーサーの人形焼が新名物に
2015/04/30 09:49:14 小型字 中型字 大型字
(金門 19日 中央社)台湾の西方沖に浮かぶ離島の金門。今年26歳の青年実業家が地元のシーサー(風獅爺)をかたどった人形焼「風伯焼」を販売したところ、そのおいしさや縁起のよさが受け、新たな金門名物になっている。

以前は金門大学に通っていた王家進さんは、同地で新たな名物を作れないかと考えた際、地元で親しまれているシーサーで人形焼を作ろうと一念発起。調理系学科を卒業した交際相手の女性から教えを受けながら、21歳の時に150万台湾元(約580万円)以上を投じて型などを作り起業した。

はじめは「本来敬われるべきのシーサーを食べるなんて」と敬遠する声もあったと話す王さん。だが、「食べればご利益がある」と答えると、不思議と納得してもらえ、売り上げは順調に伸びた。

食材には金門産の牛乳や卵を使用。出来たては香り高く、冷蔵してもしっとりとした食感が楽しめるという。

(黄慧敏/編集:齊藤啓介)
相關訊息
国防部長、金門県の軍艦博物館設置計画に... 台湾・金門で砂の彫刻大会 地元の特色を...
中国大陸企業の従業員2000人、社員旅... 台湾と中国大陸間の「小三通」、上半期利...
射撃場跡地にカラフルな「木馬」設置 新... 台湾・金門の農家、ツバメチドリの繁殖見...
外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ... 台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿...
日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食... ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ...
離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”... 亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開...
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も 日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、...
金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く 65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區