金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
金門の古い街並みを楽しんで 県が観光バスを試験運行/台湾
2016/11/07 15:40:48 小型字 中型字 大型字
(金門 7日 中央社)金門県政府は豊かな歴史を有する金門の街並みを観光客により深く楽しんでもらおうと、かつて金門の政治経済の中枢だった金門城周辺の地域を周遊する観光バスを15日から12月31日まで試験運行する。同県観光処は観光バスに乗り、明朝から現在まで、物語にあふれた金門城を探索してもらえればとしている。

金門城は1387(明洪武20年)年に江夏侯周徳興によって建てられた城。「金門」の地名の由来ともなっている。1600年代、清軍と鄭氏の交戦期間中、2度にわたり破壊され、城壁の残骸はその後、中華民国軍によって取り壊されていた。同県は1997年から東西南北4つの城門の再建を開始。2007年には東門の城壁が復元され、今年2月には北門の城壁の復元工事が着工された。

観光バス「尋城趣文化小旅行」は毎日午前と午後の2回運行。ツアーガイドが同行し、解説を行う。所要時間は約3時間で、乗車券は1枚200台湾元(約664円)。

同処は観光バスをPRしようと、額面100元(約332円)の買い物券5万枚を用意。12歳以上の観光客を対象とし、金城駅観光案内所で航空券や乗船券、宿泊証明などと引き換えに配布する。宿泊数1泊の観光客は200元(約664円)分、2泊以上の場合は500元(約1660円)分の買い物券がもらえる。配布期間は来年1月15日までで、なくなり次第終了となる。

(黄慧敏/編集:名切千絵)
相關訊息
ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ... 離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”...
亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開... 毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も
日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、... 金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く
65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け パティ・ホウ、イケメン新人歌手の歌声に酔いしれる
チェン・ボーリンとチャン・チュンニン、新しい高粱酒をPR 台湾・金門島の大通り、映画「軍中楽園」...
台湾・金門、県設置100周年で回顧展開催 北海道大学の教員らが金門島を訪問 歴史など学ぶ
世界遺産登録めざす金門島で文化遺産シンポジウム開催 台湾・金門は歴史的建築物の宝庫 副県長...
吉本興業、台湾・金門で日本各地の特産品販売 金門で砂の彫刻展 目玉作品は蒋介石・毛...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團