金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
離島・金門、守護神の分祀を記念するイベント開幕 1カ月かけ祝う/台湾
2017/04/11 13:25:20 小型字 中型字 大型字
(金門 11日 中央社)離島・金門で8日、土地の守護神「城隍神」が後浦に祭られたのを記念する宗教行事「2016金門迎城隍ゴ島宗教文化観光フェスティバル」が開幕した。1カ月に及ぶ開催期間中、パレードや祭り囃子のパフォーマンスなど、さまざまなイベントを催し、島を挙げて盛大に祝う。(ゴ=さんずいに吾)

元は島南西部の金門城にあった城隍廟。1680年に政治拠点が中西部の後浦へ移転したのを機に、後浦にも城隍廟が建てられ、「ゴ島城隍廟」と名付けられた。同フェスティバルは、城隍神が新たな地に祭られた日とされる旧暦4月12日(今年は5月7日)を記念し、毎年開催される。

「百節ムカデ座」と呼ばれるパレードは同フェスティバルの目玉の一つ。一枚一枚つなげられた木板に椅子を取り付けて、伝統衣装を着た子どもたちを乗せ、大人が担いで街を練り歩く。現地では、子供の健やかな成長を祈るためとされている。2011年には、その長さは176メートルに及び、ギネス世界記録に認定された。

(黄慧敏/編集:楊千慧)
相關訊息
坑道で音楽祭 歌手と観客が一体に  県民体育大会、コロナ下でも予定通り開催...
金門県の経済振興策 高級コーリャン酒を... 離島・金門の首長が大胆メイクで登場 シ...
金門振興券、1割が未交付 学生と社会的... 島東部の活性化へ 金門県政府、馬山への...
「離島の中の離島」烈嶼で自転車とアート... レゴブロックで往年の賑わい伝えるイベン...
離島・金門独自の観光キャンペーンがスタ... もうすぐ敬老の日 数え109歳の高齢...
金門マラソン、2年ぶりに実施へ 来年1... 台湾・金門列嶼でタロイモフェス 宿泊呼び掛け
嘉義県長、金門県長を訪問 両県のさらな... 金門県、「小三通」の疑似出国体験を実施...
金門65~74歳の肺炎球菌ワクチン接種を無料化 離島・金門、バスやフェリーにQR決済導入 買い物にも対応
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團