金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
金門・文化工芸施設がオープン6周年 夜も観光客で賑わう/台湾
2017/05/17 12:16:45 小型字 中型字 大型字
(金門 17日 中央社)離島・金門のクリエイティブな文化や工芸が体験できる観光スポット「後浦16芸文特区」が16日、オープン6周年を迎えた。金門ではこれまで夜の観光を楽しめる場所が少なかったが、自治管理委員会は来場者にケーキを振る舞うイベントを開催し、金門の新たなナイトスポットとしての認知向上を図りたいとしている。

同所は1904年に建てられた陳一族の祖先を祭る陳氏宗祠を再利用した施設。建設当時、本堂以外の建物では雑貨を販売する商店が営まれていたほか、付近には屋台も多く、活気に溢れていた。1958年に金門砲戦が起こり、一時は軍の商店となったが、2003年に歴史的建造物に登録。戦火による損傷と経年劣化が見られたため、修復が施された。2011年に「後浦16芸文特区」としてオープンし、歴史ある場所が新たな観光スポットとして生まれ変わった。

現在は11の特色ある店が並んでおり、台湾の建築物によく使用される花柄タイルの芸術品や金門の守り神「シーサー」(風獅爺)の文化工芸品などが販売されている。観光客はしばしば「金門には夜を楽しむスポットがない」とこぼす。同所の店の多くは夜9時半まで営業しており、夜までたくさんの人々を楽しませている。

(黄慧敏/編集:楊千慧)
相關訊息
台湾・金門で砂の彫刻大会 地元の特色を... 中国大陸企業の従業員2000人、社員旅...
台湾と中国大陸間の「小三通」、上半期利... 射撃場跡地にカラフルな「木馬」設置 新...
台湾・金門の農家、ツバメチドリの繁殖見... 外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ...
台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿... 日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食...
ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ... 離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”...
亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開... 毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も
日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、... 金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く
65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け パティ・ホウ、イケメン新人歌手の歌声に酔いしれる
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區