金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
国宝、南明・魯王の墓誌が金門に約60年ぶりの里帰り/台湾
2017/06/16 15:25:34 小型字 中型字 大型字
(金門 16日 中央社)離島・金門島の金門歴史民俗博物館で開催されている特別展で、国立歴史博物館(史博館、台北市)が所蔵する国宝の一つであり、60年近く前に金門で発見された「皇明監国魯王壙誌」が里帰り公開されている。

皇明監国魯王壙誌は、明の皇族によって立てられた亡命政権、南明の監国、朱以海(魯王)の生涯が記された墓誌。清朝に編さんされた歴史書「明史」では、魯王は清軍に対抗したもののかなわず金門に逃れたが、鄭成功に殺されたと記載されている。

1959年、金門で採石作業をしていた国軍が魯王の墓地と墓誌を発見。墓誌には喘息で亡くなったことや没年が刻まれており、死因は鄭成功と関わりがなかったことが明らかになった。墓誌は後に史博館で所蔵されることになり、墓地と離れ離れになって今に至る。このたび、史博館との共催により金門での公開がかなった。

特別展終了後、墓誌は史博館に戻る。地元の国宝が他所にある遺憾を補うためとして、史博館は9日、3Dプリンターで製作した複製を金門県政府に贈呈した。

特別展は、金門県文化園区金門歴史民俗博物館で、8月30日まで開催される。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
カラフルなガジュマルの木、人気観光スポットに/台湾・金門 台湾・金門の酒造メーカー、国民的女性歌...
国防部長、金門県の軍艦博物館設置計画に... 台湾・金門で砂の彫刻大会 地元の特色を...
中国大陸企業の従業員2000人、社員旅... 台湾と中国大陸間の「小三通」、上半期利...
射撃場跡地にカラフルな「木馬」設置 新... 台湾・金門の農家、ツバメチドリの繁殖見...
外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ... 台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿...
日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食... ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ...
離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”... 亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開...
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も 日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團