金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
最前線から観光地へ 歴史の変遷から生まれた金門島のスイカ祭り/台湾
2017/07/12 16:00:12 小型字 中型字 大型字
(金門 12日 中央社)離島・金門島の新前トン地区(金沙鎮)で15日、地元の名物行事・スイカ祭りが開催される。スイカだけでなく、カボチャやタケノコなど、地元の主要農産物がずらりと並び、直販市場としての一面も持つ。このようなイベント開催の背景には、歴史の変遷があるという。(トン=土へんに敦)

スイカ祭りの主催者によると、1950年代、金門は対中国大陸の軍事拠点として陸軍の防衛司令部が置かれ、最盛期には10万人以上の軍人が駐屯していたため、地元で採れる農産物は引く手あまただった。しかし1992年の戒厳令解除をきっかけに観光地化され、現在軍人の数は約5000人。これによって農作物の消費量が激減、生産農家にとって厳しい現状となったという。

地元では打開策として、スイカの早食い大会やニワトリ追いかけ競争などを企画し、農産物の販売拡大と地域活性化を目指してきた。2003年から8年間続き、期待通り地元の名物行事となったものの、事情により一時中断されていた。6年ぶりの開催となる今年は、スイカの大特売など、お楽しみ企画盛りだくさんで来場者を迎えるという。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
カラフルなガジュマルの木、人気観光スポットに/台湾・金門 台湾・金門の酒造メーカー、国民的女性歌...
国防部長、金門県の軍艦博物館設置計画に... 台湾・金門で砂の彫刻大会 地元の特色を...
中国大陸企業の従業員2000人、社員旅... 台湾と中国大陸間の「小三通」、上半期利...
射撃場跡地にカラフルな「木馬」設置 新... 台湾・金門の農家、ツバメチドリの繁殖見...
外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ... 台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿...
日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食... ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ...
離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”... 亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開...
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も 日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團