金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
台湾版「モーゼの十戒」が見られる景勝地、修繕で利便性向上/金門
2018/02/27 17:33:16 小型字 中型字 大型字
(金門 27日 中央社)旧約聖書「モーゼの十戒」をほうふつとさせる風景が見られる離島・金門島の景勝地「建功嶼」で1年以上前から行われてきた修繕工事が今月中旬までに完了し、一般公開が再開された。展望台や石畳などの補強、修繕などが行われたほか、二カ国語の解説や潮汐表なども設置され、観光客の利便性が高まった。旧正月(春節)の連休期間には多くの観光客でにぎわった。

建功嶼は金門本島の西側に位置する面積約500平方メートルの小島。中国大陸福建省のアモイ島を間近に望むロケーションで、対岸との関係が緊迫していた1949年に国軍の拠点が置かれ、1997年の軍備縮小を受けて撤退するまで防衛網が築かれた。このため島内には今もなお、保護壁やトーチカなどの軍事施設が残る。

同島と本島の間は潮間帯になっており、干潮時には、満潮時に海面に覆われている部分が現れる。金門県政府はこの特性を生かし、2002年に二つの島を結ぶ石畳の歩道を建設。引潮になると歩道が出現する奇観が「台湾版モーゼの十戒」と呼ばれ、地元有数の観光地の一つとなった。ここでの海上散歩では、フジツボやツブガイなどのほか、「生きた化石」といわれるカブトガニにも出会えるという。

同島は2016年9月の台風で大きな被害を受けたため、同年末と昨年末から今年初めの二段階に分けて修繕工事が進められていた。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
台湾・金門と中国を結ぶ「小三通」年間利... 離島・金門に残る1920年代の町並み、...
国共内戦の最前線・大胆島への上陸 来... 台湾の離島で楽しむ古道散策は「秋にぴっ...
再選目指す金門県長、対岸との「新三通」... 金門島への観光客、中国人の増加が目立つ/台湾
「小三通」利用者、8月は過去最多 中... 金門島にちびっこ観光ガイド誕生 郷里...
台湾・金門と中国を結ぶ「小三通」、7月... かつての駐屯兵たち、金門を再訪 空港...
金門で音楽フェス 豪華ゲストで若者引... 「八・二三砲戦」60周年 金門県、戦...
金門を「ロマンチックな島」に カップ... 離島・金門を「愛の聖地」に 挙式や結...
1~4月の「小三通」ルート利用者、昨年... 国共内戦の最前線「大胆島」への上陸 ...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團