金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
かつての駐屯兵たち、金門を再訪 空港で軍歌響かせる 砲戦60周年/台湾
2018/07/23 17:38:32 小型字 中型字 大型字
(金門 23日 中央社)国共内戦の最前線となった離島・金門で21日、約40年前に同じ大隊に所属していた退役軍人31人が尚義空港で軍歌を高らかに歌い上げた。その姿に足を止め、歌声に聞き入る通行人も多く見られた。

中国大陸からの砲撃を機に始まった「八・二三砲戦」(金門砲戦)開戦から60年目を迎える今年、金門県政府はかつての駐屯兵たちの同県再訪を促すイベントを7月1日から12月25日まで開催している。期間中に訪れた退役軍人には、地元の名産コーリャン酒が1本贈呈されるということもあり、多くの元兵士が金門を再訪し、若き日に思いを馳せている。

この日、同県を訪れた31人は1980年から1982年の間に「643営(大隊)」に所属していた退役軍人。営長を務めていた白海勤さんの呼び掛けで台湾各地から金門に集まった。退役してからすでに3度金門を訪問しているという白さん。金門で最も懐かしく感じるのは、地元の人々の温かさだと話した。

団体ではなく、個人で訪れた元兵士もいる。金門を離れてから53年間、同地を訪れていなかったという洪末雄さんは、友人らに車椅子を押されながら、当時の臂章(ひしょう)や除隊証明書を誇らしげに報道陣のカメラに向けた。

(黄慧敏/編集:楊千慧)
相關訊息
ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ... 離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”...
亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開... 毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も
日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、... 金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く
65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け パティ・ホウ、イケメン新人歌手の歌声に酔いしれる
チェン・ボーリンとチャン・チュンニン、新しい高粱酒をPR 台湾・金門島の大通り、映画「軍中楽園」...
台湾・金門、県設置100周年で回顧展開催 北海道大学の教員らが金門島を訪問 歴史など学ぶ
世界遺産登録めざす金門島で文化遺産シンポジウム開催 台湾・金門は歴史的建築物の宝庫 副県長...
吉本興業、台湾・金門で日本各地の特産品販売 金門で砂の彫刻展 目玉作品は蒋介石・毛...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團