金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
台湾の離島で楽しむ古道散策は「秋にぴったり」 金門県が来訪呼び掛け
2018/10/24 17:46:20 小型字 中型字 大型字
(金門 24日 中央社)金門県政府は、観光客に同県に対する認識を深めてもらおうと、海抜約253メートルの県内最高峰「太武山」観光を推進している。「蔡サク古道」と呼ばれる登山道にスポットを当てて山や古道が好きな人々を引き付け、これまで見たことがない金門の魅力を味わってもらいたいとしている。同県政府観光処は、秋の行楽シーズンに最適だとして来訪を呼び掛けている。(サク=がんだれに昔)

太武山は、誰でも気軽に登れる標高の低い山として教育部体育署が推奨する「台湾小百岳」に県内で唯一名を連ねる。同処によると、蔡サク古道は、かつて周辺の住民が豆腐や野菜を売りに行くために通った近道であることから「豆腐古道」とも呼ばれる。今月初旬には、県内で活動する芸術家、鄒佳哲さんがガイドを務めるPRイベントが開催され、参加者は現地のツーリストインフォメーションの壁に描かれた鄒さんの絵を鑑賞したほか、金門特有の風景や各時代の文化に親しむ3時間の山歩きを楽しんだ。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
台湾・金門の農家、ツバメチドリの繁殖見... 外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ...
台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿... 日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食...
ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ... 離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”...
亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開... 毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も
日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、... 金門出身詩人の故郷愛が詰まったマメナシ、花開く
65体のシーサーが集結 環境保全呼び掛け パティ・ホウ、イケメン新人歌手の歌声に酔いしれる
チェン・ボーリンとチャン・チュンニン、新しい高粱酒をPR 台湾・金門島の大通り、映画「軍中楽園」...
台湾・金門、県設置100周年で回顧展開催 北海道大学の教員らが金門島を訪問 歴史など学ぶ
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區