金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
小三通專區
大胆島の観光ツアー 対中プロパガンダの名残が人気/台湾
2019/03/08 13:43:15 小型字 中型字 大型字
(金門 8日 中央社)国共内戦の最前線として軍政が敷かれ、一般人の上陸が制限されてきた金門県の離島、大胆島の観光が1日に解禁された。島内の観光スポットの中で、両岸(台湾と中国)間でかつて繰り広げられたプロパガンダ戦の名残をとどめる巨大な塀が一番人気となっている。

金門本島の西約13キロに位置し、中国大陸のアモイから東に5キロも離れていない同島。1950年の大二胆戦役や58年の金門砲戦では激しい戦いの舞台となり、「前線中の前線、離島中の離島」などとも呼ばれる。金門砲戦後から90年代初頭にかけてはプロパガンダ戦の最前線として中国兵に投降を呼び掛ける放送などが行われ、86年にはアモイからでも見えるようにと「三民主義統一中国」のスローガンが掲げられた高さ3.2メートル、長さ20メートルの塀が建設された。

同県のガイド協会によれば、この塀を中国側から見る場合、200人民元(約3300円)を支払って船に乗り、海の上から眺めるのが一般的。今回ツアーに参加した観光客の多くが、同島でしかできない至近距離からの記念撮影に興じたという。

同県政府は、2014年に同島を接収・管理して以降、観光化に向けたさまざまな取り組みを進めてきた。観光解禁に当たっては、隣接する離島、烈嶼を起点とした約5時間の半日ツアー方式を採用。烈嶼の九宮埠頭(ふとう)から同島までの船の所要時間は片道約30分で、上陸後はガイドの案内で主に徒歩と電動車で観光し、かつて総統や軍の高級将校らをもてなした茶房も訪れる。料金は一人1500台湾元(約5400円)。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
坑道で音楽祭 歌手と観客が一体に  県民体育大会、コロナ下でも予定通り開催...
金門県の経済振興策 高級コーリャン酒を... 離島・金門の首長が大胆メイクで登場 シ...
金門振興券、1割が未交付 学生と社会的... 島東部の活性化へ 金門県政府、馬山への...
「離島の中の離島」烈嶼で自転車とアート... レゴブロックで往年の賑わい伝えるイベン...
離島・金門独自の観光キャンペーンがスタ... もうすぐ敬老の日 数え109歳の高齢...
金門マラソン、2年ぶりに実施へ 来年1... 台湾・金門列嶼でタロイモフェス 宿泊呼び掛け
嘉義県長、金門県長を訪問 両県のさらな... 金門県、「小三通」の疑似出国体験を実施...
金門65~74歳の肺炎球菌ワクチン接種を無料化 離島・金門、バスやフェリーにQR決済導入 買い物にも対応
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
樂遊金門臉書粉絲團
樂遊金門Youtube團