金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
大胆島の観光ツアー 対中プロパガンダの名残が人気/台湾
2019/03/08 13:43:15 小型字 中型字 大型字
(金門 8日 中央社)国共内戦の最前線として軍政が敷かれ、一般人の上陸が制限されてきた金門県の離島、大胆島の観光が1日に解禁された。島内の観光スポットの中で、両岸(台湾と中国)間でかつて繰り広げられたプロパガンダ戦の名残をとどめる巨大な塀が一番人気となっている。

金門本島の西約13キロに位置し、中国大陸のアモイから東に5キロも離れていない同島。1950年の大二胆戦役や58年の金門砲戦では激しい戦いの舞台となり、「前線中の前線、離島中の離島」などとも呼ばれる。金門砲戦後から90年代初頭にかけてはプロパガンダ戦の最前線として中国兵に投降を呼び掛ける放送などが行われ、86年にはアモイからでも見えるようにと「三民主義統一中国」のスローガンが掲げられた高さ3.2メートル、長さ20メートルの塀が建設された。

同県のガイド協会によれば、この塀を中国側から見る場合、200人民元(約3300円)を支払って船に乗り、海の上から眺めるのが一般的。今回ツアーに参加した観光客の多くが、同島でしかできない至近距離からの記念撮影に興じたという。

同県政府は、2014年に同島を接収・管理して以降、観光化に向けたさまざまな取り組みを進めてきた。観光解禁に当たっては、隣接する離島、烈嶼を起点とした約5時間の半日ツアー方式を採用。烈嶼の九宮埠頭(ふとう)から同島までの船の所要時間は片道約30分で、上陸後はガイドの案内で主に徒歩と電動車で観光し、かつて総統や軍の高級将校らをもてなした茶房も訪れる。料金は一人1500台湾元(約5400円)。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
ユーラシアカワウソが離島・金門の「生態大使」に/台湾 金門県消防局、古いホースを文具やいすに...
金門県長、2度目の馬・習会談の県内開催... 台湾最大級の巡視船、金門沖に配備 中...
高齢化進む台湾・金門県 シニア特化の... 離島・金門でヒガンバナ、一面を赤く染め...
離島・金門、ランタン飛ばしで中秋節をお祝い 台湾、中国大陸の越境漁船3隻を拿捕 乗...
中国大陸の漁船約100隻、台湾・金門近... 日本人男性、紛失のカメラ見つけ出した台...
金門砲戦から57年 元兵士ら、かつて... カラフルなガジュマルの木、人気観光スポットに/台湾・金門
台湾・金門の酒造メーカー、国民的女性歌... 国防部長、金門県の軍艦博物館設置計画に...
台湾・金門で砂の彫刻大会 地元の特色を... 中国大陸企業の従業員2000人、社員旅...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區