金門縣政府
 縣府首頁
 中文新聞
 英文新聞
 日文新聞
 中文照片
 民意信箱
觀光旅遊網最新情報
樂遊金門臉書粉絲團
金門最大の宗教行事 神輿や祭り囃子がにぎやかに行進/台湾
2019/05/18 15:27:39 小型字 中型字 大型字
(金門 18日 中央社)離島・金門県で16日、同地で最も盛大な宗教行事「迎城隍」が行われ、島内各地や台湾本島、中国、シンガポールから集まった50宇を超える寺廟が隊列を組み、銅鑼や太鼓の音を響かせながらにぎやかに町を練り歩いた。楊鎮ゴ県長は、より多くの人々にこの祭りを体験してほしいと述べ、観光客のさらなる誘致に期待を示した。(ゴ=さんずいに吾)

迎城隍は、土地の神様「城隍爺」を祭るゴ島城隍廟(金城鎮)が毎年旧暦4月12日(今年は5月16日)に行う行事で、339年の歴史がある。この日には城隍爺が神輿に乗って町を巡視するとされ、信者らは祭り囃子の「陣頭」やパフォーマンスなどを奉納して加護を祈る。2013年には離島地区で初めて、国の民俗文化財に指定された。

台湾本島から駆け付けた交通部(交通省)観光局の周永暉局長は、見応えがあるだけでなく、大人も子どもも伝統衣装を着て参加するなど、文化伝承の意味合いも深いと称賛。重要な文化資源として外国人観光客にもアピールできるとの見方を示した。

(黄慧敏/編集:塚越西穂)
相關訊息
カラフルなガジュマルの木、人気観光スポットに/台湾・金門 台湾・金門の酒造メーカー、国民的女性歌...
国防部長、金門県の軍艦博物館設置計画に... 台湾・金門で砂の彫刻大会 地元の特色を...
中国大陸企業の従業員2000人、社員旅... 台湾と中国大陸間の「小三通」、上半期利...
射撃場跡地にカラフルな「木馬」設置 新... 台湾・金門の農家、ツバメチドリの繁殖見...
外国人留学生ら約100人が金門島訪問 ... 台湾・金門に恋したアメリカ人夫妻、民宿...
日本人識者ら、台湾・金門警察を訪問 食... ご利益がある? 青年実業家が作るシーサ...
離島の村を救え 台湾の若者が“排水溝”... 亡き父の愛が詰まったソメイヨシノが満開...
毎年春だけ作られる銘菓 「鹹餅」の生産今年も 日本人建築家・隈研吾氏設計の展示施設、...
|◄ 1 2 3 4 5 6 7 8 ►| 
金門之美
金門觀光旅遊網官方IG
小三通專區